ファクタリング即日OK!PayTodayの口コミ/評判を徹底調査|個人・フリーランスにおすすめ

おすすめ 従来の請求書買取ファクタリングより格段に早いタイミングで資金調達できる「注文書買取ファクタリング」がおすすめ!

注文書買取と請求書買取の違いを説明

注文書買取ファクタリング対応のおすすめ優良2社をご紹介!

 

フリーランスや個人事業主の多くが一度は悩む資金調達。

取引先によっては、せっかく仕事をしても売上の振り込みが数ヶ月先になってしまうケースもありうるため、キャッシュフローが一時的に回らなくなってしまうことがあります。

フリーランス・個人事業主が資金で悩む姿

 

そんなときに便利なのが、銀行ローンなどを使うよりも安全かつ手軽な資金調達方法として注目されている請求書買取(ファクタリング)サービスです。簡単な手続きだけで、入金予定の売上を前倒して手に入れられるため、ここぞ!というときのために登録しておくと役立つこと間違いなし。

 

 
サイト管理人
今回は、(取引先に知られることがない)2社間ファクタリングに対応しているおすすめの請求書買取サービスPayTodayをご紹介します。

 

【はじめに】請求書の買取(ファクタリング)サービスとは?

 

 
サイト管理人
まずは、請求書の買取(ファクタリング)サービスの仕組みについて簡単に説明しておきたいと思います。

 

請求書の買取(ファクタリング)サービスとは、経済産業省も利用促進している「借りない資金調達」と呼ばれている“請求書(売掛金)を譲渡して現金化できるサービス”を言います。

具体的に図を用いて説明すると次のような仕組みとなります。

ファクタリングの仕組み
【2社間ファクタリングの説明図】
  1. お客様がお客様の取引先に請求書を送付する
  2. お客様がファクタリング会社に請求書を送って買取を依頼する
  3. ファクタリング会社による買取審査通過後、お客様の口座に買取金額が入金される
  4. お客様の取引先がお客様に入金する
  5. 期日までにお客様がファクタリング会社に振込する

 

 
サイト管理人
この仕組みにより、取引先からの入金を待たずして早期に売上金を回収でき、キャッシュフローを改善させることができます。銀行融資とは違い、赤字や負債が返済できない状況でも利用することができ、直近の資金繰りに不安を抱いている経営者にとって魅力的な資金調達方法となっています。

 

関連 厳選した請求書買取サービスを次の記事で紹介していますので合わせてご覧下さい。

その他おすすめのファクタリング会社を知りたい

[sc name="recommend-po-factoring"][/sc]フリーランスや個人事業主の多くが一度は悩む資金調達。取引先によっては、せっかく仕事をしても売上の振り込みが数ヶ月先になってしまうケースもありう[…]

 

請求書買取サービス「PayToday」とは?

 

 
サイト管理人
それでは、おすすめの「PayToday」について簡単に紹介したいと思います。

 

PayTodayは、「オンラインでのAIファクタリング(AI審査)で即日振込最短45分~、業界最低水準の手数料1%~」をキャッチコピーにしている請求書買取サービスです。

法人だけではなく、個人事業主・フリーランスといった方にも大好評で累計申込額10億円突破するなどファクタリング業界の中で勢いのあるサービスとなっています。

 

このPayTodayがフリーランス・個人事業主の方におすすめな理由をまとめますと次のようになります。

  • 業界最低水準の手数料1%~(上限9.5%)
  • オンラインで最短45分で資金調達可能
  • 個人事業主・フリーランスの女性の方でも安心して利用できるサービス

 

まずおすすめ理由1つ目ですが、業界最低水準の手数料1%~(上限9.5%)を実現している点です。AI審査により早期かつ確実性の高い請求書のみを買い取ることで1%~という他社ではなかなか追従できない手数料を実現しています。(※他社は手数料が10~20%が一般的)

おすすめ理由2つ目ですが、オンラインでの申し込み、AI審査(面談不要)により最短45分での入金を実現している点です。

おすすめ理由3つ目ですが、女性経営者によるコンプライアンスを尊重する事業方針に加え、女性従業員の割合も多く、個人事業主やフリーランスの女性の方でも安心して利用できるです。

 

 
サイト管理人
といったところで、その他の気になる項目も含めて表にまとめてみました。

営会社Dual Life Partners株式会社
〒107-0062 東京都港区南青山2-2-6 ラセーナ南青山7F
設立2016年4月
申し込み条件個人事業主、フリーランス、法人
契約方法オンライン
買取金額10万円~5,000万円
手数料1%~9.5%
入金スピード最短45分
買取に必要な書類身分証明書、請求書 、通帳コピー 、確定申告書
債権譲渡登記
不要
面談不要
審査通過率不明

 

【運営会社のオフィスの外観】

PayToday運営会社のオフィス外観
【オフィスの外観(引用:青山不動産HPより)】

【運営会社の本社所在地】

それでは、次にPayTodayの評判・口コミを見ていきたいと思います。

 

PayTodayの評判・口コミは?

 

それではPayTodayの評判・口コミはどうでしょうか?ファクコミ(日本最大のファクタリング会社の口コミサイト)さんから引用させてもらいました。

良い評判・口コミ

 
サイト管理人
良い評判・口コミには次のようなものがありました。審査の早さ手数料の安さ創業間もない個人事業主でも利用可能女性従業員の多く女性でも安心して利用できるといった点で好評ですね。

 

とにかく速かった!(会社規模:小 建設業)
AIを使っているらしく、驚くほど早く審査結果が通知されました! 手数料も他の会社より安く済みました。とにかく急いで資金が必要な状況だったため、迅速な審査は本当に助かりました。(ファクコミより引用)
支払いサイトが長くても大丈夫です(会社規模:小 建設業)
うちも「リスクの低い債権のみ買取」に不安を覚えたクチだが、普通に買取ってもらえましたよ 支払いサイトが90日のファクタリングです 90日先の支払いがリスク高じゃないっていうんなら、話は別ですけど(笑) 去年元請けから120日から90日にサイトを変更する旨のお達しが来たんですが、やっぱり90日はツライ 資材費とか労務費とか、不意の支出に事欠かない業種ですしね そんな時に資金を手元に確保できるっていうのは、やっぱり便利ですよ。(ファクコミより引用)
サービス自体は悪くない(会社規模:小 卸売・小売業)
PAY TODAYは安さで選びました。手数料が安く、バックボーンの会社もちゃんとしてる、そういう所を選んだつもりです。電話で担当者とも話したのですが、対応は丁寧で、当社事業に対する知見に問題は見られませんでした。(ファクコミより引用)
創業間もない時期でも利用可能なのは嬉しい(会社規模:小 建造業)
PayTodayは当社の条件に合致する部分が多かったです。ネットから申し込めて、まとまった額を調達できて、何より創業1年未満でも利用可能。書類の不足は、最近の月次試算表を提出すれば大丈夫とのことでした。(ファクコミより引用)
サービスの質は高い(個人事業主 広告・WEB制作業)
ファクタリングのサービスの質はだいたい手数料とスピードに集約されるので、その意味でいうと、ここは質が高いと言えます。フリーランスだから手数料は上限いっぱい、みたいな対応もありませんでした。 また私自身二人の子供を持つ女性フリーランスですが、女性の従業員が多数いることで少し安心感もありました。(ファクコミより引用)

 

悪い評判・口コミ

 
サイト管理人
対して悪い評判・口コミはほとんどありませんでした。完全オンラインのため、審査面談で交渉できないオンラインに慣れていないユーザーには難しい、といったコメントがあるくらいですね。

 

悪くないと思う(個人事業主 卸売・小売業)
掛け目がちょっと渋かったかな? 電話で聞いてみたら、「当座の期間を乗り切る運転資金と考えていただければ」とか何とか まー、私自身、零細個人事業だから仕方ないかな…。リアル面談があればトーク力で補えたかと思うと、ちょっと残念 良い所は一杯あるんですよ。2社間なのに安いし(これは本当に助かる)、リアル面談がないから、とにかく早い 終わりよければ~じゃないですけど、スピードと手数料が良かったんで、まあ、良かったですw(ファクコミより引用)
30分で入金してくれました
スタッフの方も丁寧で、スピードも早く。フリーランスの私にはすごい助かりました。オンライン特化なので、オンラインに慣れていない顧客は相性悪い、とスタッフさんが言ってました。(ファクコミより引用)
 

それでは次に請求書買取申し込み手順について説明します。会員登録は無料ですのでここぞ!というときのために登録しておきましょう!

 

PayTodayの買取申し込み手順

 

それでは、PayTodayの買取申し込み手順についても説明していきたいと思います。【ステップ①】新規アカウント作成【ステップ②】ユーザー情報編集【ステップ③】請求書買取の申し込み、と言ったステップとなります。

【ステップ①】新規アカウント作成

 
サイト管理人
それでは新規アカウントを作成していきます。

 

まずは、PayTodayのWebサイトにアクセスします。

 \ 最短45分で資金調達できる!会員登録無料!/

 

次のような画面が表示されますので、お使いのメールアドレスを入力し「認証メールの送信」ボタンをクリックします。

メールアドレスを入力し認証メールを送信

 

すぐにPayToday運営事務局から(次のような)メールが届くと思いますので、メール本文にあるURLリンクをクリックします。

メール本文にあるリンクをクリック

 

パスワードの設定画面が表示されましたら、パスワードを入力後、「設定」ボタンをクリックし新規登録(ステップ①)が完了となります。

パスワードを設定

 

【ステップ②】ユーザー情報編集

 
サイト管理人
次に、作成したアカウントのユーザー情報を編集していきます。

まずはあなたの会社の情報を登録します。次のユーザー情報編集画面にて、①事業形態(必須)を選択し、②会社名・法人名または屋号および③会社名・法人名(カナ)を入力します。

ユーザー情報編集画面にて事業形態を入力

 

次に、①代表者姓、②代表者姓(カナ)③事業所の電話番号④代表者の電話番号を入力し、

事業所の情報を入力

 

①代表者のメールアドレス②郵便番号③都道府県/市町村④番地・マンション・部屋番号を入力します。

事業所の住所を入力

 

続いて、あなたが行っている事業の種別(①業種②職種)と(請求書買取金額を振り込んでもらう)③入金口座銀行名を入力し、

業種の種別と振り込みの銀行名を入力

 

続いて、①支店②口座種別③口座番号を入力後、④本人確認資料の提出を行います。(※本人確認書類は、代表者の顔写真付き証明書(免許証やパスポートなど)の表面、裏面をアップロードしてください。)

振り込み口座の情報を入力

 

最後、「登録」ボタンをクリックしてユーザー情報編集(ステップ②)が完了となります。

 

【ステップ③】請求書買取の申し込み

 
サイト管理人
次はいよいよ請求書買取の申し込みとなります。

まずは、マイページ画面にて「請求書の買取申請」ボタンをクリックします。

マイページにて請求書の買取申請ボタンをクリック

 

次に、請求書買取のお申込み画面にて直近1期分の財務諸表、具体的には、決算書一式(損益計算書、貸借対照表、勘定科目明細を含むもの)をアップロードします。(※個人事業主の場合は、直近1期分の確定申告書B一式をアップロードすることになります。)

請求書買取の申し込み画面にて財務諸表をアップロード

 

続いて、(勘定科目明細に含まれる全ての)銀行口座の情報を入力します。まずは、①登録する保有口座の数を選択し、②銀行名 / 支店名③口座種別 / 口座番号を入力します。そして、④保有口座の直近6~18カ月分の入出金明細をアップロードし、「STEP2へ進む」ボタンをクリックします。

請求書買取の申し込み画面にて保有口座情報を登録

 

続いて、買取を希望する請求書に関する情報を入力します。まずは、①(請求書の)買取希望金額②(買取金額の)使用用途を入力し、③買取を希望する請求書の数を選択します。

請求書の買取情報を入力

 

そして、①売掛先企業名および屋号②請求書額面(税込)③売掛先からの入金予定日を入力後、

請求書の情報を入力

 

①(買取を希望する)請求書および(請求書を送付した取引先との)取引の証拠となる書類をアップロードし、「STEP3へ進む」ボタンをクリックします。

請求書や取引の証拠となる書類のアップロード

 

そして最後、申し込み内容の確認画面にて最終チェックを行い、「申請」ボタンをクリックし請求書買取の申し込み(ステップ③)が完了となります。

 

 
サイト管理人
あとは、無事審査が通過したら(先ほど登録した)銀行口座に買取金額から手数料が差し引かれた金額が振り込まれることになります。 思ったより簡単だったのではないでしょうか?

 

関連 厳選した請求書買取サービスを次の記事で紹介していますので合わせてご覧下さい。

その他おすすめのファクタリング会社を知りたい

[sc name="recommend-po-factoring"][/sc]フリーランスや個人事業主の多くが一度は悩む資金調達。取引先によっては、せっかく仕事をしても売上の振り込みが数ヶ月先になってしまうケースもありう[…]

 

【参考】その他おすすめファクタリング会社11社の紹介&比較

 

 
サイト管理人
次に、その他おすすめの11社についてもまとめていますので、表のリンク先の記事を参考にして下さい。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか? 今回は、AIファクタリング請求書買取サービスの「PayToday」を紹介させてもらいました。

取引先からの入金がある前に立て替え払いが発生したり、取引先からの入金が遅れたりする場合にとてもありがたいサービスということを分かっていただけたと思います。

新規に起業したばかりでも融通してくれるので、ぜひ資金を上手くやり繰りし事業を軌道に乗せていってください!

 

関連 請求書買取より早い段階での資金調達は次の記事をご覧ください。

おすすめの(最新)注文書ファクタリングを知りたい

フリーランスや個人事業主の多くが一度は悩む資金調達。取引先によっては、せっかく仕事をしても売上の振り込みが数ヶ月先になってしまうケースもありうるため、キャッシュフローが一時的に回らなくなってしまうことがあります。[…]