マナビラボ

第1回

2015.12.16

初のアクティブラーニング全国調査の結果を大公開!

教えて!高校のアクティブラーニング

学校の種別によるALの視点に立った参加型授業の実施率

学校の種別によるALの視点に立った参加型授業の実施率
学校種別を、設置者によって国立、都道府県立、その他公立(町立・区立・組合立など)、私立の4種類に分けて、アクティブラーニングの視点に立った参加型授業の実施率をみたところ、国立、その他公立、都道府県立、私立という順位となりました。実施率の高い国立、その他公立に比べ、実施率の低い私立では、参加型の授業を行うことで「生徒の集中力が低下する」「授業内容に関係のない生徒の私語が増える」「生徒の思考が活性化しない」「なじめない生徒や、ついてこられない生徒がいる」といったところに、課題を感じているようです。そのため、「教員がアクティブラーニングの必要性を感じていない」といった傾向も高くなっています。

上図は、ご自由に引用・転載していただいて構いません。また、引用・転載にあたっては、事前にご連絡をいただく必要はありませんが、必ず以下の【出典記載例】に則って、出典をご明記ください。

【出典記載例】
木村充, 山辺恵理子, 中原淳 (2015). 東京大学−日本教育研究イノベーションセンター共同調査研究 高等学校におけるアクティブラーニングの視点に立った参加型授業に関する実態調査: 第一次報告書.
http://manabilab.jp/wp/wp-content/uploads/2015/12/1streport.pdf

MORE CONTENT

  • ニッポンのマナビいまの高校の授業とは!?
  • マナビをひらく!授業のひみつ
  • アクティブ・ラーナを育てる!学校づくり
  • 3分でわかる!マナビの理論
  • 15歳の未来予想図
  • 超高校生級!明日をつくるマナビの達人たち
  • どうするアクティブラーニング?先生のための相談室
  • 高校生ライターがいく
  • マナビの笑劇場