マナビラボ

第15回

2017.02.08

ひとは、言葉を通して
「違い」を認識し
世界を「分断」する?!

マナビや教育について、ちょっと立ち止まって考えてみるきっかけづくりを目的にした、「3分でわかる!マナビの理論」。

第15回の今回は、法学者のマーサ・ミノウが1990年に発表した Making All the Difference(あらゆる差異をつくる/物事を大きく変える)の一節をご紹介します!

 

幼い子どもに向けたテレビ番組などで見られ「仲間はずれ」ゲームに、人間の基本的な思考の形態を見出したミノウ。

ひとは、言葉を通して「カテゴリー」をつくり、あるものとそうでないものを区別します。

しかし、
「あるものが他のものとは違うと認識するとき、私たちは世界を分断している」
「言語を用いながら、排除し、区別し、そしてーー差別する」

 

さりげなく発する言葉を通して、「普通の◯◯とはなにか」を規定してしまっていませんか?
生きにくさをつくり出してしまってはいませんか?

 

  • 取材

    山辺 恵理子

  • 撮影

    松尾 駿

MORE CONTENT

  • マナビをひらく!授業のひみつ
  • 超高校生級!明日をつくるマナビの達人たち
  • 15歳の未来予想図
  • どうするアクティブラーニング?先生のための相談室
  • ニッポンのマナビいまの高校の授業とは!?
  • 高校生ライターがいく
  • 3分でわかる!マナビの理論
  • マナビの笑劇場