マナビラボ

第11回

2016.06.08

アクティブラーニング全国調査の結果を大公開!~第三弾~

教えて!高校のアクティブラーニング

「何も参考にせずに設計した」人はどこで学んだ?

infoglaphics_03

参加型授業の授業案を設計する際に「自身で何も参考にせずに設計した」という先生が多くいらっしゃることがわかりましたが、そのように回答した先生方は、参加型授業の授業方法を設計する際のヒントをどこで学んだのでしょうか。
分析の結果、何も参考にせずに設計した先生が授業方法を学んだ場所として、「雑誌や書籍の記事で学んだ」「校務として参加した研修会や勉強会で学んだ」「自主的に参加した校外の研修会や勉強会で学んだ」という回答が多いことがわかりました。普段から「雑誌や書籍」「研修会や勉強会」で学んだことが、無意識のうちに授業案の設計に役立っているようです。
また、「何も参考にせずに設計した」という先生は、何かを参考にして設計した先生と比べて、「自分が生徒・学生時代に受けた授業方法を真似た」と回答した方が多くいらっしゃいました。特に若い世代の先生では、自身が受けた授業経験が授業案を設計する際に影響している先生も多くいらっしゃるようです。
「その他」と回答した先生は、「日々の実践を改良していく中で自然とこの形式となった」のような内容が多く、アクティブ・ラーニングが注目される以前からこのような取り組みをしていた先生も少なからずいらっしゃるようでした。

上図は、ご自由に引用・転載していただいて構いません。また、引用・転載にあたっては、事前にご連絡をいただく必要はありませんが、必ず以下の【出典記載例】に則って、出典をご明記ください。

【出典記載例】
木村充, 山辺恵理子, 中原淳 (2016). 東京大学−日本教育研究イノベーションセンター共同調査研究 高等学校におけるアクティブラーニングの視点に立った参加型授業に関する実態調査: 第三次報告書.
http://manabilab.jp/wp/wp-content/uploads/2016/06/3rdreport.pdf

MORE CONTENT

  • ニッポンのマナビいまの高校の授業とは!?
  • マナビをひらく!授業のひみつ
  • アクティブ・ラーナを育てる!学校づくり
  • 3分でわかる!マナビの理論
  • 15歳の未来予想図
  • 超高校生級!明日をつくるマナビの達人たち
  • どうするアクティブラーニング?先生のための相談室
  • 高校生ライターがいく
  • マナビの笑劇場