マナビラボ

第11回

2016.06.08

アクティブラーニング全国調査の結果を大公開!~第三弾~

教えて!高校のアクティブラーニング

教員の授業スキルに関する悩みの克服方法

infoglaphics_14

教員の授業スキルの不足に関する悩みについては、「校内研修、教科の会議、日常の会話の中で情報を交換することで悩みを解決しました」「他の先生との交流により、授業スキル向上や課題解決へのヒントを得ました。」「やってみないとうまくならない。できることからやってみて、うまくいかなくても試行錯誤することで克服しました。」「まずは教師がアクティブに学ぶ姿勢を育むことが大切です。」という克服方法に関する記述が多く見られました。参加型授業を実施する上で有用な情報があれば積極的に収集し、日々の授業の中で試行錯誤するなど、生徒だけでなくまずは教師が一人のアクティブ・ラーナーとなるよう心がけることが、授業スキルの不足に関する悩みを克服する鍵と言えそうです。

上図は、ご自由に引用・転載していただいて構いません。また、引用・転載にあたっては、事前にご連絡をいただく必要はありませんが、必ず以下の【出典記載例】に則って、出典をご明記ください。

【出典記載例】
木村充, 山辺恵理子, 中原淳 (2016). 東京大学−日本教育研究イノベーションセンター共同調査研究 高等学校におけるアクティブラーニングの視点に立った参加型授業に関する実態調査: 第三次報告書.
http://manabilab.jp/wp/wp-content/uploads/2016/06/3rdreport.pdf

MORE CONTENT

  • ニッポンのマナビいまの高校の授業とは!?
  • マナビをひらく!授業のひみつ
  • アクティブ・ラーナを育てる!学校づくり
  • 3分でわかる!マナビの理論
  • 15歳の未来予想図
  • 超高校生級!明日をつくるマナビの達人たち
  • どうするアクティブラーニング?先生のための相談室
  • 高校生ライターがいく
  • マナビの笑劇場