マナビラボ

【授業計画・教材】教員の授業準備の負担が増えそうで心配です。 vol.12

  • 教員の授業準備の負担が増えそうで心配です。
  • 確かに、大学で行われているようなPBL(課題解決型学習)や、総合的な学習の時間のような探究的...

確かに、大学で行われているようなPBL(課題解決型学習)や、総合的な学習の時間のような探究的な活動を行うとなると、かなりの準備が必要となります。しかし、通常の教科の授業の中で導入する分には、教科書や既存の資料・問題集などを活用して、できるだけ手間をかけないこともできるのではないでしょうか。また、あれもこれも盛り込み過ぎない方が、最も重要なエッセンスは教科書にあるということが生徒に伝わりやすいとも思います。

生徒のディスカッションの時間を取るために、どこかで時間を捻出しなければなりません。必要なことはプリントで配布して板書を写す時間を節約したり、ワークシートなどを利用してテンポ良く授業を進めたりする工夫も必要でしょう。

ただし、グループで取り組むような課題をどのレベルに設定するかは重要です。複数の課題を用意しておいて、うまくいかないようであれば、途中で切り替えるといったことも必要でしょう。

※アクティブラーニング型授業の手法については、vol.11をご覧ください。

先生からのお悩み募集中 参加型学習・アクティブラーニング型授業を実践する上での、先生方のお悩みをお寄せください。

MORE CONTENT

  • マナビをひらく!授業のひみつ
  • 超高校生級!明日をつくるマナビの達人たち
  • 15歳の未来予想図
  • どうするアクティブラーニング?先生のための相談室
  • ニッポンのマナビいまの高校の授業とは!?
  • 高校生ライターがいく
  • 3分でわかる!マナビの理論
  • マナビの笑劇場