マナビラボ

第5回

2016.04.13

「よりよい案」を示せなくても
「批判する権利」はある

マナビや教育について、ちょっと立ち止まって考えてみるきっかけづくりを目的にした、「3分でわかる!マナビの理論」。第5回目の今回は、教育者・作家のジョナサン・コゾルが書いた「On Being a Teacher」からの1節をご紹介します!

この本は、教育の不平等について問題提起し続けたジョナサン・コゾルが、教育に潜む倫理的な問題を多く取り上げたものです。「対案なき批判をする権利」を、子どもたちに保障していますか?「服従しない権利」を、明示的に認めていますか??

  • 取材

    山辺 恵理子

  • 撮影

    松尾 駿

MORE CONTENT

  • マナビをひらく!授業のひみつ
  • 超高校生級!明日をつくるマナビの達人たち
  • 15歳の未来予想図
  • どうするアクティブラーニング?先生のための相談室
  • ニッポンのマナビいまの高校の授業とは!?
  • 高校生ライターがいく
  • 3分でわかる!マナビの理論
  • マナビの笑劇場